重複しているページの対応

どうしてもサイトを作っていると重複する情報が載っているページを作らざるを得ない場合がございます。

そういった場合、全てのページをグーグルにクロール(グーグルの機械にページの情報を覗かせる)された場合、

「なんか情報が重複しているよ。重複している情報はユーザー(検索者)を混乱させるので減点します!」

といった感じでSEOのマイナス加点となってしまいます。

そういった場合、情報は重複しているけどマイナス加点してにでください!

という申請をする必要があります。

それが「canonicalタグ」です。

このタグをつける事でSEOの順位を情報の重複により落とす事を防ぎます。

 

検索順位というのは同じ順位というのは存在しません。

どこかのサイトが3位から4位に下がればどこかのサイトが3位に入ります。

その様に、サイトが上がる方法もあれば、下がる方法もあります。

当たり前ですが、上がる方法を沢山行って、下がる方法をゼロにすれば自ずと順位は上がっていきます。

是非順位を落とさない方法も忘れないようにしてください!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です