Webで売り上げを上げる為に

PCサイト構成 トップページの構成例

サイトの目的が売り上げアップの場合

御社のサイトは導くサイトになっていますか?

よくあるサイトは自社の情報発信ばかりになっています。
いわゆる、「導線が出来ていないサイト」です。

売上を上げるには幾つか方法があるのですが、基本的に

流入(集客) → サイト構成、文章 → 売上(問い合わせ等も含む)

という導線があります。

実際の小売店の店舗で表現するならば

集客 → 店内の商品、接客、商品の配置など → 売上

更に細分化すれば、どのように集客するか、どんな立地にするか → 商品や店内のレイアウト、接客など → 売上

Webでも同様に、流入にも導線があり、サイト構成や文章も導線があり、売上にも導線があります。

それを一つ一つ解析していく事でWeb集客および売り上げが上がっていきます。

流入でいうとSEOやMEO、更にホームページの検索されるワードなど。

サイト構成や文章はその名の通り、どういうサイト構成が、文章が良いか。文字サイズやフォント、色など様々な観点で。

売上の導線は最後の売上のボタンを押したくなる、問い合わせのボタンを押したくなる様になっているか。

それをユーザー目線で知る必要があります。

もしくは、ユーザー目線で出来ているサイトから学ぶ必要があります。

または弊社の様な解析をやっている会社に依頼して知る必要があります。

商品(サービス)の見せ方

商品には幾つかの見せ方があると思います。

商品のポテンシャルによってもそれはターゲットによっても変わります。

どのポテンシャルを引き出し、どのターゲットを狙うのか。

それは正解が無い事が多いのですが、何度かテストしてみる事も手段の一つ。

そのテストはWebでも出来ますし、さらにモニターに意見徴収する事で精度を上げる事も出来ます。

時間もコストもかかりますが、トライアンドエラーで一番よい答えを見つけるのがなんだかんだ一番精度が高いです。

その時間もコストも最小限にするにはWebの力は必須です。

「フォーム落とし」対策

Web集客出来て、商品(サービス)も良くてお客様に気に入ってもらって。

そこまできても最後まで気を抜いてはいけません。

売上や問い合わせ等、目的を達成するまでは最低でも気を抜いてはいけません。

いわゆる「フォーム落とし」といって、

最後の最後のページでお客様がページからいなくなってしまう、離脱してしまう。

そういう事ってよくあるんです。

突然面倒になってしまったり、何か気が進まなくなってしまったり。

心理的に色々起こるかなりセンシティブなページなんです。

そこでスムーズに抵抗を起こさずにスムーズにお買い上げいただく、お問合せ頂く為には最後のページにもちゃんと拘らないといけません。

勿論、売り上げた後も気を抜いてはいけませんが、最後のページへは細部まで仕上げなくてはいけません。

こういった部分も弊社ではお手伝いさせて頂きクライアント様の売上貢献させて頂いております!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です